羊の木ネタバレ

挨拶つき羊の木を観てまいりました

 

 

信じるか疑うか

月末は最後まで信じた

主人公は月末だけれども

彼がしたことは宮越を信じたことだけ

 

この最後の崖のシーンには萌えしか詰まってなかった

こんなに崖のシーンで萌えるとは思ってなかったな

信じてくれた月末に対して宮腰のできることが

二人で崖を飛ぶことだったんだね

首絞めからの走り出す宮越の手を握る月末まで

息をすることも忘れるくらい目を凝らして観てしまった

(上映後挨拶でこの首絞めシーンは松田龍平さんは少し遠慮していたけれども

その手をもっともっとと強めていたらしい亮ちゃん

これは亮ちゃん自身あとで松田さんに聞いて知ったとのこと)

 

きっと宮越は友達が欲しかったんだ

月末がいたことで少しは魚深で生きていこうとしてたのに

変わることのできない自分に絶望した

他の受刑者もこの地で生きていこうと決めた人には

のろろさまは優しかった

のろろさまは何者なのか

羊の木とは何だったのか

その死体を埋めることによって次の芽が出てくる

再生のお話か

芽が出る人だけ再生できる

杉山と宮越は芽が出なかった人

(挨拶で監督も亮ちゃんもこの作品は希望の話しであると)

あるいは全てに対する再生の話か

元受刑者も命も魚深町も町の人々ものろろさまも

 

この羊の木のプレートを拾ったのも月末ではなく

一番6人の中で地味な栗本

彼女は何もしないけれど羊の木の説明をしてくれた

 

ひとつ気になったのが文

彼女を好きになる理由がわからない

狭い世界だから近くにいる女性だっただけかな

まったく魅力的じゃないのになぜ月末はずっと彼女が好きなのか

そこだけ理解できなかった

ギターの腕前?ずっと学生時代から一緒だから?

 

全体的に暗くてサスペンス風味

最初から最後まで飽きることなく楽しめた作品

亮ちゃんは元より

6人の元受刑者もクリーニング屋の安藤さん月末のおとうさんなど

すばらしい出演者の演技も堪能でき

一般人亮ちゃんの魅力的な表情が楽しめる作品でした

 

ベストステージによる俺節

ベストステージに上半期ジャニーズ舞台の総括が書かれていました

その中でジャニーズ2

(何故2にまとめられているのかはわからないけども)

関ジャニ∞さんから3人が主演舞台

(ひなちゃんのiforの写真もありました)

と取り上げられていて

ジレッタでのよこさんのまっすぐな歌声と門前の関係や

蜘蛛女でのおくらさんがこれからも舞台にがんばってほしいことに続き

俺節やすださん!

まるちゃんとともに舞台演技に定評があるって

知らなかったわ><

とにかく俺節コージべた褒めですよ

ええわかりますともすばらしかったからね

(残念ながら「引っ越しをするなら教えてよ」が取り上げられてなくて

このテキストを書いた方とはポイントがかぶらなくてがっかり><)

ここにきてステージ系の雑誌で感想が出てくると

またあのすばらしかった舞台を思い出す。゚(゚´Д`゚)゚。

千穐楽からそろそろ一か月が経とうとしているのに

まだまだ私の中では熱い俺節でした

 

京セラジャム7/23

大阪ラストです

予想通り天井ではありましたが

なんと1列目

見晴らしの良いとても見やすいお席でした

こうなったら邪魔するものがないこの空間を

やすださんを観るべく野鳥の会と化したのは

仕方ないことでした

 

バンドのやすださんは足を拡げるだけひろげて

ノリノリで待機

まるちゃんのベースソロでも反対側から煽る煽る

ギターをかきならすやすださん本当にかっこいい

全力の人は見ていて気持ちいい!!

 

trafficの次に生きろ

どちらもやすださんの歌いだしから始まります

亮ちゃんの曲すばさんの曲のどちらも

先頭を任されたやすださんの心中やいかばかりか

 

MC最後にそれぞれのドリンクを集めるまるちゃん

最後に上にのせるやすださん

しかし乗せたのは持っていたドリンクではなくマイク

いそいでマイクを取り上げもう片方の手に持っていたドリンクを入れるやすださん

そして二人は顔を見合わせて笑っていました(*´▽`*)

 

奇跡の人

本当にいい曲なんだけど最初のセリフ仕様のところが

どうもこっぱずかしい

それもライブを重ねることでエイトさんになじんできてる

オーラスではどうなってるかな

 

えげつないのダンスが本当に好き

あれ覚えたいなあ

覚える頃にはオーラス終わってそうだけど

 

ノスタルジア

この曲は聞けば聞くほど見ればみるほど好きになる

こわいこわい

どうかこの曲はDVDでマルチアングルで

しっかりと全身映った映像でお願いします

スライディング土下座でお願いする勢いです

 

最後に銀テが飛んでくるわけですが

上段とはいえ一列目だしくるかなと思ったけど

来ませんでした~

でもバクステ上段の知り合いは銀テ飛んできてゲットしてた><

なんでや

 

ジャムコン大阪初日7/20 ネタバレ少しと感想

私的初日7/20

 

 

前半バンド

これはメトロックに行きたくても行けなかったエイターのためだと思うと

本当にうれしい!!

私はheat up!のときからバンドが大好きだったので

いやむしろバンドがなければここまではまらなかったと思うので

このセトリは本当に本当にありがたいものでした

 

後半アイドル

アイドルだけれどもジャムレディ攻めてるね

夏らしく偏差値低い感じがとても楽しかった

ソリソリワサビと続くのも

answerの映像もノスタルジアの四人のダンスと歌声最の高

最後の曲青春のすべてのやすださんのソロが

心と頭に響いて残って困ります

歌が届いてるよやすださん。゚(゚´Д`゚)゚。

 

暑い暑いドームの中で

俺節後のやすださんは

全力でギターをかきならす

心をのせて歌う

指先まで神経を行きわたらせて踊る

最高です

どうか福岡まで無事に走り続けてくださいませ

 

ジレッタ後の横山さんも

トラちゃんの音がマットな感じで出てるし

声が伸びてる!!

すばらしい

 

ひなちゃんの歌声もとてもいい

まるちゃんのベースも調子いい

おくらさんのしなやかなで麗しいダンス素敵

亮ちゃんのバンド小僧ぶりかわいい

すばさんの斜め決め顔最強

 

エイトさんがますます男前で

エイトさんを好きになった自分を誇りたい

見る目ある私!!

 

アリーナEの2列目センステ近くという恵まれたお席

センステでMC・ダンス・奇跡の人・ラップバトル他

まわりの通路はトロッコ通りまくりのアリーナ満喫お席

バンドもよく観えたのでとても幸せでした

次はたぶん天井席

やすださんのダンスをじっくり野鳥の会予定です

これはこれで幸せ(*´▽`*)

 

俺節千穐楽

俺節千穐楽でした

初めて上手側のお席だったので

最後の俺節を歌う途中でテレサが連れていかれるシーン

コージとテレサが見つめ合うあのシーンで

コージの表情がよく見えたの

コージは泣き顔を必死で笑顔にしてた

最後の顔は笑顔でその顔を思い出してほしいから

そういったテレサと同じことをしてたんだよ

この二人はもう一生会うことはないでしょう

そんな最後の別れのシーンを笑顔で

宝物のような大切な失敗の思い出を笑顔で締めた

その瞬間

それまでも泣いてたけど

嗚咽を漏らすレベルの号泣でした

わあ書きながら泣けてきた

俺節こわい

 

 

最後カーテンコールでのあいさつで

やりきったお前の顔を忘れない!

と言って脚本演出の福原さんがやすださんをぎゅっとハグしたときに

やすださんの目が一気に赤くなって

一緒にやっぱり泣いたよね

それにしても

この言葉はとても重い

 

本当に素敵な作品素敵な人々との出会いで俺節はできてたんだ

奇跡みたいな作品に出合えて幸せです

 

舞台にもかかわらず最後の最後に銀テが飛ぶサプライズ

その後もジレッタの金のキラキラレベルの量がステージに降ってた

それがあまりに派手演出だったから

それでもう終わりかと思ってカーテンコールの拍手も終わっちゃったんだよね

でもそのあと幕の中からイエー!という叫びが聞こえて

すぐお客さんの拍手が復活

それもわりと長かったような

すると下手側からやすださんだけが出てきて

あいさつをしてくれた

素敵なカンパニーでしょ?

ずっと大事にしていくカンパニーですって

とても自慢げで誇らしくてちょっと嫉妬しちゃったな

やすださんらしい熱くまっすぐな言葉でお礼を伝えてくれました

ここで投げキスですよ

コージからアイドル安田章大に戻っていたのを確認して

少し寂しかった

でもやすださんにはそんな感傷に浸ってる時間もないのです

次へ次へ

 

劇中ピクルスを並べるパートに出ているテレサがコージに愚痴を言うシーン

毎日ピクルスピクルスピクルス

髪の毛もピクルスの匂い

匂ってみて

と言うのだけど昨日は明日は休み♪になっていた

きっとシャーロットさんは今日休みなのね

それにコージが

明日休みなんだって浮かれてる

みたいなことを返してた

やすださんにもお休みあるといいな

でもツアーがあるから当分無理でしょうね

体だけは大事にしてほしいです

次はライブですが

俺節引きずりますね><

 

俺節千穐楽

すばらしい作品をありがとうございました

また再演や続編があれば幸せです

 

 

 

俺節 6/29 マチネ

あと3公演となった俺節

今日はちゃんと手紙も書いて置いてきました
箱の中にはたくさん手紙が入っていたので
やすださんはあれを読むのも大変ね
 
 
今日は下手
わりと端の前の方
下手の演技は真ん前で見えるけど
ギリギリみきれではないかな?という感じ
きっと隣の人から壁側は見切れてたと思う
それならばいっそ双眼鏡でコージをガン見する日としました
 
当たり前だけど舞台の上ではみなさま役の人
とてもすばらしいクオリティ
ばっちゃの顔も初めて見れた
ちゃんとばっちゃの顔でした
なほ先生ステージが見やすかったので
これ幸い
階段で躓くなほ先生に
コージが大丈夫?と声をかけるのかわいいし
アドリブ対応すばらしい
ポカポカしながらコージと去っていくなほ先生かわいいの
宴会のコージもほぼ正面に見えるので
表情をじっくり観察
みるみる変わっていくのすごいなあ
引っ越しの歌でもその表情がすばらしくて
泣き顔がとってもいいのですよ
切り取ってほしい
コージは不器用でまっすぐで隙間がある人間だから
周りが手を貸そうとする
とてもわかる
 
引っ越しの歌でいつも泣ける
これだけでも特別にうたってくれないかな
みれん横丁の歌も俺節もいいけど
わたしには引っ越しの歌が響きまくりです
なぜ一番しかうたわないのよおおおお
あのシーンで前奏が流れるだけで涙が出てくる始末よ
 
カーテンコールは二回
前の席の人が帰って空いてたからとても見やすかったの
ちょうど桑原さんが前にいらしてて
みれん横丁の歌を一緒に歌った気分になりました(ノ´∀`*)
でも歌詞があやふやで私が残念
 
二回目のカーテンコール
役者さんのご両親が観劇されているとのことで
その方を前につれてくる
いいカンパニーね
伯爵のひげ?か何かであそぶやすださんもかわいかった
 
最後大きな声でありがとうございました!と叫ぶやすださん
 
 
これからまだソワレ
そして明日の大千秋楽です
海驢こうじ最後の日を
しっかり観て心に焼き付けて泣いてこよう

アルバム ジャム 絶賛発売中

アルバムジャム

今回もすばらしいエイトさんです

関ジャムを観たあとなのでDONAIがかかるとわくわくするし

夢への帰り道はbegin好きな私にはたまらん曲だし

えげつないはラップバトルが大変楽しみだったし

そのうえポップでもりあがること確実だし

青春のすべてはいつ聞いてもすばらしい曲だし

ユニット曲の

answer三馬鹿曲はその絆の深さに感嘆したし

年下四人ノスタルジイがまた最の高でしたわ

声の重なりがすばらしいよおおおおお

生きろもトラフィック

エイトさん曲が多くなるのはとてもうれしい

何年か後

そう遠くない未来に

エイトさんの曲だけでライブする世界がやってくる

 

ネバセイネバとジャムレディで

もうね

やすださんの天才多才ぶりに体が震えたよね

アレンジを自分でしないのは本当に喜ばしいことよ

やすださんが自分でし始めたら

現実世界と連絡を取らない日々になるのは予想に難くない

だって頭の中の音を伝えるのに7時間ですって

アレンジさんも大変だ

俺節でも充分やすださんの才能を見せつけられたのに

あれがほんの一部だったなんて!

もちろんそのときそのときが全力のやすださんだから

俺節の舞台では今出せる力を全て出しているのはわかります

 

常々すばさんの歌には鶴の恩返しのような

羽を一枚ずつもいでそれを声にのせて歌として届けていたイメージがあるのだけど

最近やすださんにもそんなところが垣間見える

やすださんの場合は魂を削ってる

生き急いでる

今しか見せられないものがある!

そんな感じ

「えげつない」でおくらさんのラップ部分のやすださんに対して

すべてが散らかってる甘えんぼう

とあるけど

やすださんこそ人に甘えてないよね

ちょっとは甘えればいいのに

でもそんなやすださんも好き

いつでもやすださんを尊敬してるけど

今現在は神様レベルで拝みたい

 

 

ライブも楽しみだけど

まずは俺節明日と明後日

目に耳に脳に焼き付けてこよう

コージの引っ越しの歌をだれかわたしにください